BLOG

ハワイアンジュエリーとは

2018/09/10
ハワイアンジュエリー

まずはじめに。ハワイアンジュエリーをご存知の方も、ご存知でない方にも、ハワイアンジュエリーとは何なのか、なぜ、永い間たくさんの人々に愛され続けているのかを少しお話しさせていただきます。

古よりハワイのジュエリーとして親しまれてきたニイハウシェル(ニイハウ島で採取された貝で作られたもの)、鳥などの羽で作られたフェザーケープやレイ、髪の毛を編んで作ったニホパラオアなど、ハワイには独特な元祖ハワイアンジュエリーが存在します。

さらに、ハワイアンジュエリーの起源を辿ると、ハワイ王朝最後の女王、リリウオカラニにたどり着きます。 
当時、イギリス王室との親交が深かったリリウオカラニは、 19 世紀に、イギリスのアルバート王子の死を悼み、追悼の意を込めてゴールドのバングルを作らせました。 
リリウオカラニが生涯ずっと身に着けていたと言われるこのバングルには、 黒のエナメルで「HO'OMANAO'MAU( 永遠なる想い)」の文字が描かれていました。 
これが、ハワイアンジュエリーの誕生とされています。

その後も女王は親交の深い友人へと、想いを込めた文字を刻んだバングルを贈りましたが、 それがきっかけで流行となり、今ではハワイの人々の間で、大切な人への贈り物に、想いを込めた文字を刻んで贈られるようになりました。 
リリウオカラニが産んだハワイアンジュエリーは、今ではハワイを代表する文化の一つになっています。

ハワイを包み込むマナ(ハワイ語で神が持っている力や魂のこと)が宿るモチーフを柄として刻み込み、想いを込めた文字を描き、 一生ものとして価値のあるジュエリーとして知られるようになりました。

ハワイアンジュエリーは、正式には「ハワイアン・エアルームジュエリー」と言い、エアルーム・ジュエリーとは、受け継がれるもの・代々伝わる宝・家宝という意味を持ちます。 
祖母から母、母から娘へと代々受け継がれるもの、家族や恋人、友人など大切な人への愛情を表現するもの、 また、大切な記念日等の思い出をとどめるものやマリッジリング(結婚指輪)として、ハワイの人々の間で永く深く愛され続けているのです。

 

AHolicでは、こんなに永く人々に愛され続けてきたハワイアンジュエリーをオーダーメイドでお作りすることができます。

 

~横浜・川崎・東京・ハワイアンジュエリー~

AHolic ~Hawaiian Jewelry & Select~

〒212-0053

神奈川県川崎市幸区下平間144-46 2F 

最寄駅 JR新川崎駅、JR鹿島田駅

044-276-8439

https://tjjapan.co.jp/